いなほ グリーン 車。 E653系 いなほ号 グリーン車体験レポート JR東日本

E653系 快適といわれるいなほグリーンに乗ってきた

車 いなほ グリーン

🌏 窓側の向きで座れる。 隣同士で座れない関係なら対面も。 <2>グリーン車に入る 8:13 2番線に「いなほ」入線! 2番線ホームに移動した。

E653系グリーン車 撮影2020. 子どももいるしゆったり行きたいなと思いグリーン車にしたら、 これは正解、すごい豪華な車両でした。

新潟でついに実ったいなほ、E653系とその時代【普通車・グリーン車の車内や座席など】

車 いなほ グリーン

💕 《JR九州内のグリーン料金》 【在来線】 営業キロ 100キロまで 200キロまで 201キロ以上 グリーン料金 1,050円 1,600円 2,570円 DXグリーン料金 1,680円 2,720円 3,770円 グリーン個室料金 2,100円 3,200円 5,140円 *グリーン料金について、佐賀~長崎間をご利用の場合は1,050円、別府~宮崎間(100キロまでの区間は1,050円)は1,600円、博多~直方間(篠栗線・筑豊本線経由)は320円です(ただし、博多~吉塚間は特急〔かいおう〕に乗車する場合のみ320円です)。 車端部はこのようになります。

14
昨日東武浅草駅を出発し、会津若松経由で磐越西線沿線の咲花温泉の旅館に宿泊。

特急いなほ(新潟〜酒田・秋田)割引&乗車ガイド【2020年度版】

車 いなほ グリーン

🤗 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道新潟支社, 2018年1月29日 , 2018年1月31日閲覧。

19
車内にはモーター音があまり響いてこず,車内放送はクリア• 足元はきつくなかったでしょうか? でも秋田~鶴岡間が1340円(当時)だったので、のってみたいような気もしますね。 すごい快適です。

特急いなほ(新潟〜酒田・秋田)割引&乗車ガイド【2020年度版】

車 いなほ グリーン

🌭 もうお分からの通り全ての座席がこのようにパーテンションで区切られていますので座席間隔は1800ミリ超えでもそこまで広く感じません。 特急『いなほ』の基本的なデータは以下のようになっています。

(2)上越妙高駅で乗り継ぐ場合は、東京~上越妙高間及び上越妙高~金沢間のグランクラス利用区間に対するグランクラス料金からそれぞれ1,050円引きした額の合計額となります。

653いなほ号、グリーン車ばかり取り上げられていますが、普通車は...

車 いなほ グリーン

🤜 ただ、フットレストやレッグレストに相当するものがないため、脚がやや落ち着かないのがやや残念なところです。

6
また秋田に近くなる羽後本荘からはその本数も少し増えます。

「いなほ」(E653系)のグリーン車はシートピッチが1820ミリと別格サイズ! 乗車体験してきました! : 通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

車 いなほ グリーン

🙏 なので一人で2つの窓を独占できます。 また、2013年から2014年にかけて、「」に使用されていたの余剰車両が、順次「いなほ」に投入された。

16
また座席ごとにパーティションで仕切られているためリクライニングをフルに使っても後ろの席に影響しないのも特徴です。 *〔成田エクスプレス〕のグリーン料金は、営業キロ200キロまで2,100円です。

「いなほ」(E653系)のグリーン車はシートピッチが1820ミリと別格サイズ! 乗車体験してきました! : 通勤ライナーを抜本的拡充して、圧倒的多くの乗客に快適通勤を!

車 いなほ グリーン

👍 (3)奥津軽いまべつ~新函館北斗間で乗り継ぐ場合は、新青森~新函館北斗間の全乗車区間に対するグランクラス(A)の料金から1,050円引きした額と、東京~新青森間のグランクラス利用区間に対するグランクラス料金から1,050円引きした額との合計額となります。 様々な車両や列車との偶然の出会い、楽しいものです。 特急『いなほ』の場合、えきねっとトクだ値・お先にトクだ値の対象区間は 新潟〜鶴岡・余目・酒田です。

10
, 2013年6月26日閲覧。

【快適すぎる】特急いなほ号の広すぎるグリーン車から笹川流れを堪能《酒田→新潟》

車 いなほ グリーン

♨ それまで空いていた列車もやや混雑してきました。

18
で、こちらが1人がけの様子。 途中の酒田駅では青色の「いなほ」(公式には瑠璃色いなほ)も見ることが出来ました。