源氏 物語 北山 の 垣間見 現代 語 訳。 源氏物語源氏物語の小柴垣のもとでの人間関係がいまいちつかめま...

源氏物語源氏物語の小柴垣のもとでの人間関係がいまいちつかめま...

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

😆 「悩ましげに」とありますが、病ですね。 尼君です。 伏籠 香炉や火鉢の上にかぶせ、衣服に香を焚 たきしめたり暖めたりする時に 用いる、竹製の籠。

5
いわば 「妾腹の子」 です。

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

📱 「この世にののしり給ふ光源氏、かかるついでに見奉り給はむや。

6
「気分」の敬語ですから。 あとは、さらに「~を」「~が」を補う準体法というのがありますが、ここはつながらないですね。

「源氏物語:若紫・北山の垣間見〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

👈 仏道修行をする、勤行(ごんぎょう)する なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 兵部卿宮の正妻が、非常に気が強くて嫉妬深かったので、若紫の母君は気苦労が多く、早くに亡くなってしまいます。

14
落つる=タ行上二段動詞「落つ」の連体形。

源氏物語源氏物語の小柴垣のもとでの人間関係がいまいちつかめま...

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

⚑ 第一段落~覗き見をする源氏 最初の部分です。

18
web 版• 「思ゆ」ですから、もともとは「思われる」ですね。

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

📲 まずは、「見る」ですから「見・ず、見・て、見る。 」と御覧になる。

」と言って、 「こちや。

『源氏物語』の現代語訳:若紫3

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

💢 「悩む」が病気になることです。 君も、かかる旅寝も慣らひ給はねば、さすがにをかしくて、「さらば暁に」とのたまふ。

3
「受身・尊敬・自発・可能」の助動詞「る」の接続は未然形である。 少納言の 乳母 めのと とぞ人言ふめるは、この子の 後 うしろ 見 み なるべし。

源氏物語「若紫」

現代 垣間見 訳 語 の 北山 源氏 物語

😗 [現代語訳] 人もいなくて、何もすることがなく手持ち無沙汰なので、夕暮れのたいそう霞がかっているのに紛れて、あの小柴垣の近くにお立ち出でになられた。

13
いと をかしう、 やうやう なり つる ものを。