アセトアニリド 合成。 なぜ酢酸ナトリウム?

アセトアニリドの合成で…

合成 アセトアニリド

⚓ アニリンに濃塩酸を加えるとアニリンは溶けて均一な溶液になります。 ただし、収率を低下させる要因があるとするならば、アセチル化の際に無水酢酸の片割れとして生じる酢酸との中和にアニリンが使われしまう可能性があるということです。

15
実際にこの反応を行った後、得られた混合溶液を再結晶しました。 すなわち、反応で消費された無水酢酸の半分以上の量(重さ)の酢酸が反応に伴って生じるはずです。

アセトアニリドの合成について

合成 アセトアニリド

🤔 アセトアニリドの特徴 このアセトアニリドですが、実は 解熱作用があります。

16
2 求電子置換反応においてアニリンとアセトアニリドの反応性を比べるならばどちらが不活性か。

アセトアニリド合成法

合成 アセトアニリド

😂 アセトアニリドはアミド結合を持つアミドであり、エステルと同様に酸or塩基の水溶液を加えて加熱するとアミンとカルボン酸になるのは調査済みです。 C 融点測定 まず、粗製の融点測定をする。 5ml を駒込ピペットを用いて加え、油分がなくなるまでフラスコを振って溶かす。

5
577』とあります。

アセトアニリド合成法

合成 アセトアニリド

🍀 細かい結晶の時は要注意です。 結晶性物質を溶媒に溶解し、適当な方法で再び結晶として析出させる方法を再結晶法という。

2
高校のときですから多分昭和30年代に刊行されたものと思います。

アセトアニリドの合成実験

合成 アセトアニリド

🙃 ここではあまり実験操作がなかったので、実験操作の不備ではないと思う。 無水エタノールの場合は、時折absolute ethanolとも言いますね。

この後精製して取り出しますから製品の形になったときに未反応の塩酸が一緒に含まれていることはないと思います。

第85章 実験-アニリンとアセトアニリド

合成 アセトアニリド

😚 アセチルサリチル酸(アスピリン)は鎮痛解熱剤としてよく使われています。 B アセトアニリドの精製 実験操作Aで得られた粗製のアセトアニリドのうち 2. 正確な物性も知りたく、また収率もあげたいという場合は、祖結晶の一部を使って、精度を上げた再結晶を行い物性を測り、また一方で、必要な程度の再結晶(ある程度純度を犠牲にしても収率を確保)、を行うことも可能です。 解熱作用を持つと言えば、コチラをご覧下さい。

2
<アニリンの性質> 1 試験管に水を5mLとり,アニリンを5滴程度加える。 塩酸はアニリンを塩酸塩として水に溶かすために加え、酢酸ナトリウム水溶液はアニリンを遊離させて無水酢酸への求核反応を可能にさせるために加えたと思われる。

アセトアニリドの合成

合成 アセトアニリド

🤔 すなわち、アニリンと等モルのアセトアニリドできることになる。 質量がわからなければ物質量もわかりません。

15
その際に、塩酸塩になっていないアニリンが残らないようにという意味で、塩酸がアニリンよりも多くなっています。

なぜ酢酸ナトリウム?

合成 アセトアニリド

⚡ 単純にアニリンと無水酢酸を混ぜてもアセトアニリドは得られますし、よほど大きなスケールで行わない限りは、特に激しい反応になるというわけでもありません。 しかし,水洗いしてよく見ると,布は黒ではなく暗緑色です。 本来なら、暗所に1週間ほど静置して完全に水分などを蒸発させるべきである。

18
残念ながら、しばらく出典の内容を確認できませんが、時間が取れましたら農芸化学実験書の初版本の内容を確認したいと思っています。